ヨンタマ劇場 3

きょうは、玉一/Tamaichi 抜糸の日の巻。

手術後の傷も癒えて、きょうは抜糸の日。バッシバッシと抜糸終了!

家に帰って、しばらくペロペロ出来なかったところを、入念にペロペロやっていました。体重も拾って来た時より1kg増えた。拾ってきた当時を知っている病院の人達も玉一が元気になった姿を見て、本当に喜んでおられました。メデタシ!

拾って一週間目の玉一/Tamaichi。5月7日 2014年。

          まだカラーは取れません。

玉一/Tamaichi 我が家に来る!の巻。 5月4日 2014年。

4月30日に保護し、その後病院で検査、手術され入院していた「玉一」が、きょう5月4日我が家に到着。二階をすったもんだして改造?し、玉一の終の棲家に仕立て上げたのだ。玉一、初入室後すぐに猫便所に直行。後は、窓の外を眺めたり、部屋の確認作業。しばらくして、バッタンキューとお昼寝。メデタシメデタシ。

                                  玉一/Tamaichi。

部屋の外で「何じゃあいつは?」と、興味深々の銀玉&トホッチ。

新入りは「猫エイズ」だった!の巻。

小銭社長ことカミさんが、アルバイト先のソルトアリーナの植木の中に生後1年は行っていないだろうと思われるガリガリに痩せた♂猫を発見! 病院に連れて行って検査をしたところ猫エイズだと分かった。貰い手が決まっていたが、病気では渡せないので、我が家で他の猫とは隔離して面倒をみることにしました。名前は「玉一」に決定!「たまいち」です。タマタマが一個しか有りませんと病院初日に言われたので、これに決定。しかし、すぐに去勢するので「玉無し」か?

     「かあちゃん、かあちゃん」と甘える「玉一」。

ヨン太郎、ニコちゅう、チュウ太郎 水を飲むの巻。

    きょうは小春日和。外の水道の水を三匹が飲んだ。

         チュウ太郎は猫橋を破壊。

        春の生まれだから「春坊」です。

           物置組み全員集合。

スケ&ロク 外の空気を吸うの巻。

スケ&ロク・コンビ久しぶりの外の空気を吸った。が、「久しぶりじゃー!脱走じゃー!」と、エサには目もくれずに大暴れ!

        一年前は、こんなに小さかった!

スケロクコンビ身体測定。3月1日 2014年。

もうじきスケロク・コンビは一歳。1月6日以来の身体測定。と言っても甲羅の長さだけど。スケちゃん20cm。3cmの成長!! ロクちゃん14cm。0.5cmの成長。10cm近い小魚を丸ごとパクリと食べれる程に成長いたしました。メデタシ!

            スケちゃん。

         ロクちゃん。顔がピンボケ。

きょうは巷ではヴァレンタインデイ 2014.2.14

このところ毎年恒例の亀チョコ。「みつばち合唱団」のメンバーのMちゃんがくれた亀の人形(というかおもちゃというか置物というか)と並べてみました。どれがチョコかな?・・・って、「バカにしとるんかい。」って声が聞こえた。

お藤ちゃんとカバ 2014.1.6

二人とも元気でなにより

 

 

スケ&ロク 今年最初の身体測定。1月6日 2014年。

 スケ&ロクの今年最初の身体測定。といっても甲羅の長さだけ。

スケちゃん17cm。ロクちゃん13.5cm。さて、前回は去年の11月に測定。その時は、スケちゃん11.5cm。ロクちゃん8.5cm。2ヶ月でスケちゃん5.5cm、ロクちゃん5cmの成長。普通の亀は冬眠中。スケロク・コンビは、他所の亀が寝ている最中に5cmの成長!? こんなことでいいのか?

            スケちゃん。

            ロクちゃん。

亀は冬眠中のはず?

只今冬真っ最中(12月26日)。亀は冬眠中のはず。でも、我が家の助六コンビは、ヒートライトの真下で仲よく(のはず)甲羅干し。

なんだかんだ言っても、まだ生まれて9か月。一年目の冬眠が怖くてさせてないのだ。だからヒーター(水中)も付けっぱなし。水槽(実は衣装ケース)の上はビニールシートを被せて温室状態に。毎朝寒いのをガマンして水換えと濾過機の掃除。その間、助六コンビはぬるま湯をはった風呂にしばしの移動。さて、これが亀にとっていいことなのかどうか? でも、他所の亀が寝ている間、助六コンビはワシワシおいしい餌を食ってます。

  助ちゃんの上に六ちゃんが乗って、仲よく(?)甲羅干し。

にゃんだか聞いたことのある鳴き声が? 「我が家のDavid Tudor、ガッちゃん」

Martin TetreaultとKid Koalaという二人のターンテーブル奏者が100%、LPレコードだけを使ったDUOをやったというVictoriavilleでの2005年のライヴ録音を聴いていた。二人が様々なレコードを使って音のコラージュをリアルタイムに作り上げて行くという面白いCDだ。聴いていたら猫の鳴き声が聞えてきた。てっきり猫の鳴き声を使っているんだろうとばかり思って聴いていた。実際鳥の鳴き声らしき音も使っているし。でも、聞こえてくる方向がスピーカーじゃない。おまけにピアノの音まで聞こえてくるではないか。声にも聞き覚えが有る。ひょいと頭をドアに目を向けたら、閉まっていなけりゃいけないのに開いている。後ろを見たら、ガッちゃん!がピアノの鍵盤上をDavid Tudorしているではないか?!カミさんにバレたら俺が怒られる。(猫には怒らない。)

「こりゃー!」と言って、とっ捕まえて(ガッちゃんは意外とすぐ捕まえることが出来る。なぜかゴロンところがって止まる。)ドアの向こうに出しましたとさ。

聴いていたCD。「Martin Tetreault&Kid Koala;Phon-o-Victo」。

        ガッちゃん。我が家のDavid Tudor。

また誤爆!

今から2か月前に御報告いたしましたヨン太郎の誤爆をまた受けました。今度はしっかりツメを立てられました。

カミさんが、「この顔キモイ。」と言うので、少し小さく・・・。

            犯人。いや犯猫。

     被害にあうはずだった「謝謝(シェーシェー)」。

      いかにも被害を受けそうな情けない面構え。

「丸いぜ、お前ら。」の巻。

         丸いぜ「ばおばおにんにん」!

          丸いぜ「ピーちゃん」!

       丸くて当たり前だぜ「スケちゃん」!

「あ~、ぬく。」 おばあちゃん猫二匹ご満悦の図。

            あ~、ぬく。

補足説明;「あ~、あったかい。」を山口県民はこう言うのです。

喜菜子&お藤の二匹のおばあちゃんヒーターの前でご満悦の図。

 

 

           

お藤ちゃんの治療費総額10万円で、我が家崖っぷちの巻。

お藤かあちゃん(娘がお仙)、8月に病院に行った時お腹にしこりを発見。先日お腹から出血しているのを発見。驚いて病院に行くと、この2か月で腫瘍が成長して、表面が破裂していたための出血だった。翌日入院手術となり(あまりに高齢なので手術は無理かと思われたが、腫瘍がデカイのと、他の内臓はしっかりしているのでGOサイン)、きのう退院したところです。元気で帰って来たのでホッとした。エライぜ藤ちゃん!頭から血のケが失せたのが治療費!先日の診察代+手術費+これからの通院費で総額10万円近くかかりそう。我が家は、ただ今崖っぷちどころか、とっくに崖から落っこちて途中でぶら下がっている状況にある。これが、もっと100mくらい落ちた感じ。現役船乗り時代(ついこないだのこと)なら「まあ仕方ねーなー。」で済むが、今は死活問題となる。別に「治療費が高すぎる。」と言っているのではない。人間みたいに保険がきかないのだからしょうがない。同じ治療を人間に施して無保険だと、これどころじゃない。

これからが人間のダメなところ。「10万円有ったら壊れかけている(いやもう壊れてる?)CDプレーヤーが買えた。」、「レコーダーが買えた。」、「トーンチャイムが買えた。」、「一カ月暮らせた。(これは無理か)」、「私のバイト代が全部吹っ飛んだ。(これホント)」等々が頭の中でグルグルと渦巻く。「これからはもうこんな治療費払えないぞ。」、「でも、こんな状態になったら金無いなんて言ってられんもんなあ。」というワケで、今後も同じような「ナントカが買えた。」状態に度々なることでございましょう。我が家は、人間が食えなくても動物が第一なのであります。実際今でも人間の食費より猫&亀のエサ代のほうがかかっている。どうだ参ったか!

スケ&ロクのお引越し。

4月11日に来た時はまだこんなに小さかったスケ&ロクのコンビ。

生まれて8か月でこうなり、きょう2度目の引っ越しとなりました。

デカイ水槽は重いし高い(銭が)ので、余っていた衣装ケースでご勘弁。

我が家に来た時はロクちゃんより小さかったスケちゃん。アレヨアレヨと追い越した。只今11、5cm。

我が家に来た時はスケちゃんより大きかったロクちゃん。アレヨアレヨと追い越されてしまった。只今8.5cm。

並べりゃ判るこの違い。どうしてこうなった?

ときどきこういうこともある。逆のこともある。

夕方までは古い水槽でしばしの日光浴。

水の飲み方。

   俺たちゃ蛇口から出て来る新しい水しか飲まんのじゃ!

ちゅう太郎は、落ちて来る水をまずは頭のてっぺんで受け止める。そして頭から顔に流れ落ちて来る水を飲む。寒い冬でも同じ。

ヨン太郎の目覚まし前足ドロップキック!

ヨン太郎は毎朝5時ちょっと前になると、寝ている俺に近寄って来て、ちょいと爪を立てた右の前足で、「こら!オヤジ起きんかい!起きてさっさとメシ出さんかい!」と何度も顔に爪を立てる。きょう(10月25日)は、じっとガマンしていたら、諦めたのか出口のドアの方へと、ササッと走って行った。と、思ったらクルッと180度回転してこっちへ走って来た! そして、こともあろうに肺気腫患者の俺の胸に両前足を突き出して激突して来たではないか! その知恵の回り具合には感心すれどその衝撃に「オエッ!」となった。こいつ、賢いんだか大バカヤローなんだかよく分からない。

猫パンチ~誤爆の巻。

          謝謝(しぇーしぇー)と、

            ヨン太郎は、

           とっても仲が悪い。

 

          9月24日の夜のこと。

俺の右隣にはヨン太郎。のこのこと、謝謝が俺の左隣で寝ようとやって来た。と、その瞬間ヨン太郎の猫パンチが俺越しに「シャーッ!」という声とともに謝謝めがけて飛んだ!が、しかし、ヨン太郎パンチが当たったのは俺のこめかみだった!まさかの衝撃に(なにしろ俺は寝ていたから)状況の把握も出来ないまま「なんじゃー?!」と、飛び起きた。左では謝謝の悲鳴(でも当たってない)、右はヨン太郎の涼しげな顔。しばらく痛みが続いた。当然「コリャー、ヨン太郎!」バシッ!となった夜でした。

 猫パンチをもろに食った人間って、いないだろうなあ。

ホームレスの練習中。9/5 '13

        なぜか玄関に段ボール。

  しゃりしゃり&とほっちコンビが仲よくin the 段ボール。

       今からホームレスの練習か?

西大寺のキャベツ亀。

久しぶりに船に乗って、岡山の西大寺に行って来た。いつもお世話になっている水先案内のKさんに、面白い話を聞いた。近所の池(川?)にいるミシシッピ赤耳亀(早い話が、ミドリ亀)は、カエルみたいにピョンピョン跳んでオカに上がり、キャベツ畑に行ってキャベツをワシワシ食っているそうなのだ!畑のおじさんは、今ではキャベツの葉っぱを千切ってバラ撒いているらしい。それに亀達が群がってワシワシ食っているというではないか。見てみたい!家に帰って我が家の亀さん、スケロクコンビに試しにキャベツをやってみたら、なんとスケちゃんはワシワシ食べたのだ!まだ5ヵ月なので無理かと思ったが、みごとに食べた!が、ロクちゃんは「なんじゃこりゃ?」で無視。

このKさんは、格闘家でもあり、体を鍛えるのに忙しい。ある日近所の山(丘?)のてっぺんに走って行ったら、ひどい目ヤニで目の潰れた子猫が、Kさんの足に纏わり付いて来た。連れて帰って病院に行ったら、8千いくら取られたそうな。でも、どうしても家で飼えないので、また山のてっぺんに連れて行って水とエサを置いて帰った。でも翌日心配になって行ってみたら、子猫は下の駐車場まで下りて来て、車のタイヤの横で寝ていたそうだ。これじゃ危ないと、また連れて帰って、またまた病院に行ったら、今度は心臓が悪いというので三日間の入院。5万円かかったそうだ。長生きは無理なのを承知で家で可愛がっている。彼は、犬も飼っているが、これまた買ってすぐ病気と分かり、それでも可愛がっている心優しい男なのだ。どうも病気持ちによく当たる。でもしっかりと面倒を看る。格闘家は実は優しいのだ。どうにも態度の悪い兄ちゃんをボコったという話は聞いたがね。

吉井川の河口から2kmくらい上流の工場の岸壁に船を接岸させるのがKさんの仕事。ここは海抜0m地帯だ。

連絡先

ちゃぷちゃぷミュージック&

ちゃぷちゃぷレコード 

  0835-24-2244

 

・みつばち合唱団 

 080-5617-9076

   Mail   bun.bun.bun.5656

@ezweb.ne.jp

 

・goronyan@kss.biglobe.ne.jp

 

・ホームページ

 http://www.chapchap-music.com