観光めぐり

ミュージシャン達と巡った山口県内の観光地を、写真で紹介。 

毛利邸 ~防府市

金大煥さん、崔善培さん。

ジャンニ&イラリア・ジェッビアさん夫妻。紅葉が綺麗だった。

孝代とジェッビア夫妻。

バール・フィリップスさん、吉沢元治さん、怪獣めぐら。ちょうど、桜の咲いている頃だった。

姜泰煥さん、副島輝人さん。この日は、小雨が降っていた。姜さんは、折れた傘をさして、一人で下の方にある池へ降りて行った。

佐野眞紀子さん。

阿弥陀寺~防府市

姜泰煥さん夫妻と副島輝人さん。姜さんが、ここを歩いている時、

「ケ!ケ!ケ!」と、興奮ぎみ。なんだろうと不思議がっていたら、「韓国の山には、カニはいない。」と、言われた。本当?

ちなみに、「ケ」には、カニと犬と頼母子講の三つの意味が有るそうだ。少しずつ発音が違うが、いくら挑戦しても出来なかった。

副島さん岩風呂に入る。

大きな青大将が道を横断中。それを、猫がじっと見ていた。

防府天満宮~防府市

ジャンニ&イラリア・ジェッビアさん。

この日は、ちょうど祭りの日だった。「ライヴはやめて、祭り見物にしよう。」と、ジャンニは言った。 天満宮そのものよりも、たこ焼きやたい焼きなんかの出店の方が面白かったみたい。

佐野眞紀子さん。

ここは、防府を一望出来る場所。私は、中学生の時、ここで行われる柔道大会に毎年出ていた。

周防国分寺~防府市

佐野眞紀子さん。

ここは、ジャンニとイラリアさんも来ている。相手がアメリカ人なら、ここの歴史の古さを威張ってられるが、二人はシチリアの住人だ。歴史の古さが、倍は長い所から来ているので、威張れなかった。

こちらは、ジャンニとイラリアさん。

瑠璃光寺~山口市

崔善培さん、CDの録音前に瑠璃光寺を見物。

                      「ちは。ゴロニャンです。」

五重塔。

茶店でしばし休息。右は河内進さん。録音の立会をしていただいた。

ライヴ等色々と大変お世話になりました。

赤間神宮~下関市

ワダダ・レオ・スミスさん。

夜はライヴだというのに、「赤間神宮に、行く。」と、言い出したレオさん。アメリカ人には、防府と下関の距離は近くに感じるみたい。平家物語に興味が有るので、ぜひ行きたいと言われるので、行ってみたら、どうも思っていたのとは違ったみたいで、「観光地って、どこもこんなもんだ。」と、自分を納得させていたレオさんでした。古い建物の神社が有るものだと思っていたみたい。

宮島の大聖院

フェリーから見た厳島神社。右上に見えるのが大聖院。

大聖院へと続く階段途中に鎮座する河童。

宮島は、そこらじゅうに鹿がたくさんいて楽しい所です。

金大煥さん。張思翼/チャン・サイクさん(太平簫、大琴)。 金明玉/キム・ミョンオクさん(ヘグム、アジェン)。

山口じゃないけど紹介しました。宮島の大聖院で展示会とライヴが行われた時の様子です。

老松神社~三田尻町。

防府市三田尻町に、なんと五世紀に建立された古い神社がある。防府天満宮のように観光化された神社ではないので、あまり知られていないが、樹齢2000年を越える楠木や、これに纏わりついている同じ樹齢だといわれる藤の木が有る。ミュージシャン達を連れて行ったことはないが、18年前船を新造したとき、ここの神社の神主さんにお祓いしてもらったことがあった。現在は、カミさんが主宰するみつばち合唱団のメンバーに、ここのお孫さんが参加されていたり、色々とお世話になっている。番外編だが、紹介させていただきます。

今年(2013年7月28日)は、「みつばち合唱団」がお祭りに参加。

今時味わえないのどかな「村祭り」の雰囲気。しかし、この日の午前は山口県を記録的な豪雨が襲い被害が出た。ケータイに「避難命令」のメールが来た程だった。幸い子供達の出番の時は、小雨で助かった。

もう一つおまけに大平山。ツツジが満開。

連絡先

ちゃぷちゃぷミュージック&

ちゃぷちゃぷレコード 

  0835-24-2244

 

・みつばち合唱団 

 080-5617-9076

   Mail   bun.bun.bun.5656

@ezweb.ne.jp

 

・goronyan@kss.biglobe.ne.jp

 

・ホームページ

 http://www.chapchap-music.com