CPCD-009  Dario Dolci,Osvaldo La Porta,Omar Grandoso:SINDROME DE ABSTINENCIA

Dario Dolci,Osvaldo La Porta,Omar Grandoso:Sindrome De Abstinencia (CPCD-009)

 

1.Fase Ⅰ          (21:20)

2.Fase Ⅱ          (15:10)

 

Darío Dolci: sopranino sax

Osvaldo La Porta: electric guitar (electric guitar without amplification on track 2)

Omar Grandoso: trombone (piano on track 2)

 

Recorded in Estudio Libres by Sam Nacht.

July 24, 2021, Buenos Aires, Argentina.

Mixed by: Sam Nacht & Omar Grandoso.

Mastered by: Omar Grandoso.

Artwork: Omar Grandoso.

Photos by:Carlos Bernabei

Liner Note by:Carlos Cerignale

Produced by:Takeo Suetomi,Omar Grandoso,Dario Dolci,Osvaldo La Porta

 

ダリオ・ドルチ。アルゼンチンのサックス奏者、即興演奏家、俳優、教師(1998年より)。音、身体、人類学的実験に関連する造形作家、ダンサー、俳優、歌手らとワークショップや多角的なミーティングを行う。また、多くのコンサートや即興音楽祭に参加し、単独または様々なアンサンブルで演奏している。参加したセミナーやワークショップは、Atomic Jazz(ノルウェー)、Miguel Villafruela(チリ)、Jorge Retamoza(アルゼンチン)、Dave Liebman(アメリカ)、Ricardo Cavalli(アルゼンチン)、Sabu Toyozumi(日本)、Frode Gjerstad(ノルウェー)、 Ricardo Tejero(スペイン)、Tony Malaby(アメリカ)、Sam Newsome(アメリカ)等である。

 

オスバルド・ラ・ポルタ。1955年ブエノスアイレス生まれの作曲家、即興演奏家、ギタリスト。アルゼンチンや南米で、デュオ、トリオ、カルテット、ソリストとして、サイクル、アートギャラリー、ラジオ、詩会、フェスティバル、即興音楽とフリージャズのコンサートに参加している。(国立音楽センター、デシベル・サイクル、フリー・ジャズ・フェスティバルBs.As. 2017、第1回キルメス自由即興フェスティバル2008、南文化スペース、ラプラタ現代音楽祭、アルゼンチン国立図書館、チリ・エクスペリメンタフェスティバル)。国内外のアーティスト(Amanda IrarrazabalRamiro LarrainSergio PaolucciLucas SofíaAlbert CireraSergio MirandaAdrián Faneloなど)と共演している。

 

オマール・グランドーゾ。アルゼンチンの音楽家、グラフィックデザイナー。1970年ブエノスアイレス生まれ。独学でピアニスト、トロンボーンを学び、国内外の即興音楽フェスティバルに参加。また、国内外のアーティスト(Frode Gjerstad, Sabu Toyozumi, Hui-chun Lin, Christoff Kurzmann, Klaus Kürvers, Wolfgang Schwabe, Christoph Gallio, Davide Piersanti, Amanda Irarrazabal , Luis Toto Álvarez, Adriana de los Santos, Alan Courtis, and others)とも演奏してきた。) 最近、エッケハルト・ヨスト著「フリー・ジャズ」の初のスペイン語訳を担当した。

 

 

Abstinence Syndrome

In Argentina, improvised music or free music (here, choose the label you like) is not something new. As early as the mid-sixties, Juan Carlos Cáceres, fine arts student, pianist and trombonist left his sound experiments recorded. Thus the scene, fed by musicians who come from free improvisation, jazz and even rock, has developed strongly in the last twenty years. In this context, Osvaldo La Porta, Darío Dolci and Omar Grandoso are, at the same time, part and reference of that evolution.

In this album, which brings them together for the first time in a studio, they reflect the energy accumulated after just over a year of confinement, without shows, without rehearsals, without live music, as a result of the restrictions due to COVID-19. So much so that their last concert together was given on the day the pandemic was declared worldwide, March 11, 2020. This album addresses it, in some way, from the origin of its title.

How free of composition can Jazz be, the music which  bases its origin on improvisation? The answer to the question possibly is in this completely improvised record, where Dolci, La Porta and Grandoso work developing the ideas and proposals from that last concert.

This suite is divided in 'phases', perhaps evoking the phases imposed by the government. These mandatory confinements still bring us feelings of anger, fear and uncertainty. The energy contained in this music explores those individual worlds, seeking to evolve them in new ways.

The resulting sound is not only the intertwining of instruments, Darío, Osvaldo and Omar also complement each other, weaving textures, creating solos, moments, giving personal visions; to give shape to this singular album, the result of an 'abstinence syndrome'.

 

 

Carlos Cerignale

 

Producer / Host of the radio program Solo Como Perro Malo [Lonely as a bad dog]. www.solocomoperromalo.com.ar

 

 

禁欲症候群/Abstinence Syndrome

 

アルゼンチンでは、即興音楽やフリー・ミュージック(ここでは、好きなレーベルを選んでください)は、新しいものではありません。1960年代半ばには、芸術学部の学生であり、ピアニスト、トロンボーン奏者でもあるフアン・カルロス・カセレスが、自分の音の実験を録音して残している。このように、フリー・インプロビゼーション、ジャズ、さらにはロック出身のミュージシャンたちによって、この20年間でシーンは大きく発展してきました。その中で、オスバルド・ラ・ポルタ、ダリオ・ドルチ、オマール・グランドーゾは、その進化の一部であると同時に、参考になる存在でもありました。

彼らが初めてスタジオに集まったこのアルバムには、COVID-19による規制の結果、ショーやリハーサル、ライブを行わず、1年以上閉じ込められていたことで蓄積されたエネルギーが反映されています。2020311日、パンデミックが世界的に宣言された日に、彼らの最後のコンサートが行われたほどです。このアルバムは、そのタイトルの由来からして、何らかの形でそれを取り上げています。

即興演奏を原点とするジャズは、どこまで作曲に依存しないのか。その答えは、ドルチ、ラ・ポルタ、グランドソの3人が、前回のコンサートでのアイデアや提案を発展させた、完全な即興演奏によるこのアルバムの中にあるのかもしれない。

この組曲は「段階」に分けられており、おそらく政府によって課せられた段階を連想させる。このような強制的な監禁は、いまだに私たちに怒りや恐怖、不安といった感情をもたらします。この音楽に込められたエネルギーは、それぞれの世界を探求し、新たな形で進化させようとするものです。

ダリオ、オスバルド、オマールの3人がお互いを補い合い、テクスチャーを織り成し、ソロや瞬間を生み出し、個人的なビジョンを与えることで、「禁欲症候群」の結果であるこの特異なアルバムを形作っています。

 

カルロス・チェリナーレ

プロデューサー/ラジオ番組「Solo Como Perro Malo/Lonely as a bad dog」の司会者。www.solocomoperromalo.com.ar

 

 

 

 

 

Bandcampにて配信中。

 

CDは、3月18日発売!

 

撮影:Carlos Bernabei

 

Latin American free music improvisation: A short review from a long untold story

 

Free music was and is related with freedom, and so, the long periods of political dictatorships in Latin American countries during the seventies and eighties have erased many cultural manifestations of this kind (not to mention the people who made it).

 

In Buenos Aires City in 1958 the Di Tella Institute was founded, and for some years this place was the lighthouse for many artists from Argentina and for the rest of the region.

The exchange between artists from different countries and from different disciplines resulted in a new art form where painters, writers, performers and musicians worked together many times taking the streets as their theater.

 

There is a memorable anecdote when Steve Lacy and his group played in the Di Tella in 1968 (edited by ESP Disk), and they exchanged instruments with local musicians to play all together in a collective improvisation. The same story continues that Enricco Rava, Louis Moholo and Johnny Dyanni couldn't leave the country for a long time because they never had the money they were going to receive.

 

Other factors to make it hard to find the roots of this kind of music in the region, were and are the few financial resources to produce, to record and release the local artists' production. So, many great musicians emigrated during the sixties or later to other countries where they could develop their capacities.

 

This is the case of one the precursors of improvised music in Argentina. Guillermo Gregorio, who still lives in Chicago, and has recorded Anthony Braxton’s music and his own projects for the Swiss label Hat Art. During the sixties, in Buenos Aires, he was part of a collective named Música Más, where many young musicians and performers participated. The few recorded material from this period was edited by the Chicago record label named Atavistic.

 

Another argentine musical innovator was Juan Carlos Cáceres, who went to Paris in the sixties and there he made some experimental recordings using improvisation and tape machines. Many years after this experience, an argentinean independent label named Noseso Records, released a compilation of these tapes.

 

There were a lot of unknown or little known musicians in all the region, many of them started playing improvised music and later gave up under the economical and political conditions of the region. Nevertheless, a few of them made a name in Europe or the United States. Probably, one of the most famous argentinian players, was Leandro “Gato” Barbieri. He also went looking for new horizons to Europe, and there he was part of Don Cherry’s group, later went to New York with him, and there he performed with the Jazz Composers Orchestra, and many other great free jazz players... Then he made the music theme for the film Last Tango in Paris, and jumped to stardom. Later in his career he made more commercial records outside the spirit of the free music that he invigorated during the sixties.

 

As mentioned before, the Di Tella was a milestone, so important that it was closed down in 1970 during the dictatorship of General Onganía. After a few democratic years (very important for the development of rock music in Latin America). Then again, in 1976 Argentina started a new dictatorship that lasted in 1983.

 

During these obscure years Argentina wasn’t the only Latin American country with the same political conditions. So many artists, activists and free thinkers try to escape from the region. Many of the survivors who managed to leave their countries, came back with the return of democracies, others started a new life in other places of the world, mostly isolated from their artistic activities. But most of them surely were killed, without leaving a trace of their artistic work

 

So, during the eighties, when democracies started to rise again in Latin America, the cultural net was slowly restored, and at least in Buenos Aires, some new artists appeared trying to express themselves through improvised music. One of these groups was El Grupo de improvisación Tercer Mundo (Third World Improvisation Group). They only recorded one album released by the Argentinean Melopea Label.

 

At the same time, some places in the city opened their doors to do some music festivals, where improvised music coexisted and was nurtured by other musical expressions linked to the use of electronics and mixed media.

 

Most of these festivals where self-managed by the artists themselves, as in the case of the Paramusical (organised by Gsutavo Ribicic and Adriana de los Santos in the Parakultural Center), or the musicians more jazz oriented cooperative DGI ("Diez Grandes Ilusos" parodying the initials of the General Tax Directorate) which organised a cycle of concerts in CELCIT (Latin American Center for Theater Creation and Research).

 

During the nineties, in Buenos Aires there was another important meeting point for the free music of the world, when Claudio Koremblit (with the help of some of local artists as Wenchi Lazo, Andrea Pensado and Adriana de los Santos, among many others collaborators) succeeded in produce the first Experimenta in 1997. This was an independent festival that took place in many venues of the city with partial financial support from the state and some other entities, which permitted many international musicians who believed in ‘the cause of creative music’ could fly, give a concert and play with local artists.

 

During its brief existence this annual encounter permitted the visit of some important exponents of experimental improvised music as Joaquín Orellana, Guy Klucevsek, Zeena Parkins, Elliott Sharp or Bob Ostertag. It was possible also possible to connect and exchange information between the artists themselves, as inthe case of Butch Morris conducting a Latin American ensemble organised for his visit to Argentina.

 

Perhaps more important for the region, this experience invigorated many young musicians with their own projects as the case of Capitanes de la Industria,La Cornetita, El Avión Negro, Casual Trio, La RoJa, Reynolds to name a few of the new groups that emerged in those years.

 

With the arrival of the year 2001, a new economic crisis complicated the development of this kind of music. However, the musicians have tried to organise themselves to produce festivals, concerts or private encounters in houses or basements to keep on making this always vanguardist and always underground music.

 

 

Omar Grandoso

 

 

ラテンアメリカのフリーミュージック・インプロビゼーション。いままで語られることがなかったショート・ストーリー。

 

フリーミュージックとは人々の自由と密接であると考えます。たとえば、70年代から80年代にかけてラテンアメリカ諸国では長い間政治的独裁が続き、その間の多様な文化的表現が残されていないのです。

振り返ってみると、フリーミュージックの発端は1958年、ブエノスアイレス市にディ・テラ・インスティテュートが設立され、何年もの間、アルゼンチンや他の地域のアーティストたちの拠点となりました。

そこでは異なる国や画家、作家、パフォーマー、音楽家など様々な芸術家たちの交流が行われ、彼らにとってまさに精神的な劇場として、新しい芸術の形を生み出していったのです。

1968年にはスティーブ・レイシーとそのグループがディ・テラで演奏したとき(ESPディスク編集部)、彼らは地元のミュージシャンと楽器を交換し、全員で即興演奏を行ったという印象的な逸話があります。他方で、エンリコ・ラヴァ、ルイス・モホロ、ジョニー・ディアニなどが、出演料を受け取ることができず、自国へ帰ることがままならなかったという話もあるのです。

またこの地域でこのような音楽のルーツを見つけることを難しくしている他の要因は、制作、録音、リリースを行うための資金源が少ないことです。従って、多くの偉大な音楽家(少なくともアルゼンチン出身者)が、60年代以降、自分の能力を発揮できる他の国へ移住していったのです。

 

アルゼンチンにおける即興音楽の先駆者の一人ギジェルモ・グレゴリオは、現在もシカゴに住んでおり、アンソニー・ブラクストンのアルバムや自身のプロジェクトを、スイスのレーベル、ハット・アートに録音しています。彼は60年代には、ブエノスアイレスで、多くの若い音楽家や演奏家が参加する「ムシカ・マス」という集団の一員でした。この時期の数少ない録音は、シカゴのレコード会社Atavisticによって編集されました。

 

もう一人のアルゼンチンの革新的な音楽家はフアン・カルロス・カセレスで、彼は60年代にパリに行き、そこで即興演奏とテープマシンを使った実験的な録音をしました。この経験から何年かのち、ノセソ・レコードというアルゼンチンのインディペンデント・レーベルから、これらのテープのコンピレーションがリリースされました。

 

この地域には、無名、あるいはあまり知られていない音楽家がたくさんいました。彼らの多くは、即興演奏を始めたものの、地域の経済的、政治的状況により、後に断念してしまいました。しかし、そのうちの何人かは、ヨーロッパやアメリカで名を知られるようになりました。最も有名なアルゼンチン人演奏家の一人は、レアンドロ・"ガトー"・バルビエリでしょう。彼はまた、新しい地平を求めヨーロッパに渡り、そこでドン・チェリーのグループの一員となり、その後彼と一緒にニューヨークへ行き、そこでジャズ・コンポーザーズ・オーケストラや他の多くの偉大なフリージャズ奏者と共演しました。そして、映画『ラストタンゴ・イン・パリ』の音楽テーマを制作し、一躍スターダムにのし上がった。その後、彼は60年代に示したような探究心を持ったフリー・ミュージックとは別の、より商業的なレコードを作るようになりました。

 

先に述べたように、ディ・・テラ・インスティテュートは画期的な存在であったのですが。あまりにも自由な交流の場であったため、オンガニア将軍の独裁政権下の1970年に閉鎖されました。その後、数年の民主化の時期(ラテンアメリカのロック音楽の発展にとって非常に重要な)を経て、再び1976年にアルゼンチンは新しい独裁政権を開始し、1983年まで続いたのです。

 

こうした閉ざされた時代、アルゼンチンだけでなく、ラテンアメリカではその国も同じような政治状況でした。従って、多くの芸術家、活動家、自由な思想家がこの地域から脱出しようとしました。国を離れることができた生存者の多くは、民主主義の復活とともに自国に戻り、他の人々は世界の他の場所で新しい人生を歩み始めました。しかし、そのほとんどは、芸術活動の痕跡を残すことなく、葬り去られていったのです。

 

その後、80年代にラテンアメリカで民主主義が再び台頭し始めると、文化のネットが徐々に回復し、少なくともブエノスアイレスでは、即興音楽で自己表現しようとする新しいアーティストが現れました。そのひとつが、エル・グルーポ・デ・インプロビサシオン・テルセル・ムンド(第三世界即興グループ)です。彼らは、アルゼンチンのメロペア・レーベルから1枚のアルバムをリリースしただけですが、同時に、街のいくつかの場所で音楽祭が開かれ、即興音楽が共存し、エレクトロニクスやミックスメディアと結びついたもう一つの音楽表現も展開されました。

 

これらのフェスティバルのほとんどは、パラミュジカル(グスタボ・リビチッチとアドリアナ・デ・ロス・サントスがパラカルチュラル・センターで開催)や、ジャズ志向のミュージシャンによる協同組合DGI(税務総局の頭文字をとった「Diez Grandes Ilusos」)が、CELCIT(ラテンアメリカ演劇創造・研究センター)で一連のコンサート活動を主催するなど、アーティスト自身によって運営されているものでした。

 

90年代には、ブエノスアイレスで、クラウディオ・コレンブリットが(ウェンチ・ラゾ、アンドレア・ペンサド、アドリアナ・デ・ロス・サントスなど地元のアーティストや多くのコラボレーターの助けを借りて)、1997年に最初のエクスペリメンタを開催し、世界のフリーミュージックが集まる重要な場となりました。このフェスティバルは、国やその他の団体から一部資金援助を受けて、市内の多くの会場で開催された独立したフェスティバルで、「創造的な音楽」という信念を持つ多くの国際的なミュージシャンが、地元のアーティストと一緒にコンサートを開き、演奏し、歓喜踊躍したのです。

 

短い期間ではありましたが、ホアキン・オレリャーナ、ガイ・クルーチェフセク、ジーナ・パーキンス、エリオット・シャープ、ボブ・オスタータグといった実験的即興音楽の代表的なミュージシャンが、毎年このフェスティバルに参加しました。また、ブッチ・モリスがアルゼンチン訪問の際に企画したラテンアメリカのアンサンブルを指揮したように、アーティスト同士の交流や情報交換も行われました。

 

この経験は、キャピタネス・デ・ラ・インダストリア、ラ・コルネチータ、エル・アビオン・ネグロ、カジュアル・トリオ、ラ・ロハ、レイノルズなど、多くの若い音楽家を活性化し、独自のプロジェクトを立ち上げるきっかけとなりました。

 

2001年に入ると、新たな経済危機がこのような音楽の発展を複雑なものにしました。しかし、ミュージシャンたちは、フェスティバル、コンサート、家や地下室でのプライベートな会合などを組織し、常に前衛的でアンダーグラウンドな音楽を作り続けようと努力しているのです。

 

 

Omar Grandoso

 

 

 

 SINDROME DE ABSTINENCIA

DARIO DOLCIOSVALDO LA PORTAOMAR GRANDOSO

CPCD-009

 

 ちゃぷちゃぷレコードからユニークな新譜がリリースされた。アルゼンチンのミュージシャンたちによるフリー・ミュージックのアルバムである。フリー・ミュージックと言えば、欧米や日本ばかりが注目されがちである。それに風穴を開けるかのように、ちゃぷちゃぷレコードではこれまでフィリピンのミュージシャンの参加アルバムもリリースして来たが、ラテン・アメリカのミュージシャンによるアルバムというのは、目から鱗であった。この地域の音楽としては伝統音楽やボサ・ノヴァをはじめとするMPB等々、実にさまざまなジャンルが世界的に知られているが、フリー・ミュージックについては、筆者を含めてほとんどノー・マークである(あった)リスナーが多いのでは無いだろうか。

 このアルバムでの3人のミュージシャンたちーDario DolciSopranino Sax)、Osvaldo La PortaE.Gt)、Omar GrandosoTrbPf)ーは、いたって自然体の姿勢で素直に音楽を楽しんでいる。それは、子どもが身辺にある道具や楽器を触り、あれこれといじりながら、何か楽しい音、面白い音は出ないかと期待しつつ遊んでいる様子を想像させる。つまり、そこには発音をめぐっての過剰な気負いとかあざとさなどが存在せず、音を出すという行為そのものに良い意味で耽溺し、音の諸相をいろいろと試そうとする素朴な実験精神があるのだ。フリーならではの大量の音のマッスがリスナーの前に屹立することや、暴力的とも言える反抗的な音の洪水がリスナーを襲うこともなく、少ない音が空間の中にその少なさゆえに却って存在感を増しているようにさえ思えるのである。これは、フリー・ミュージックを演ろうとするミュージシャンにとっての一つのオリジンのありようを想像させる。フリー・ミュージックと称される音楽の在り方の歴史的端緒の範例が、このアルバムのような演奏ではなかったのだろうか、と想像させるということである。フリー・ミュージックという言葉は便利であるが、その範疇の内部における演奏実験の様相は実にさまざまである。周知のようにそこには時に、ある特定の音楽スタイルへの志向が見られる場合だってあるのだ。しかし、真に音そのものに意識が向かう時には、おそらくそうした手垢の付いていない純粋な音の実験があるのみなのであろう。そうした純粋性に対する憧憬と、そしてノスタルジーを感じさせもするアルバムである。

 

(小森俊明 作曲家/ピアニスト)

 

 

 

 

 

 

ALINA アルゼンチンの即興音楽が聴けるサイトです。