CPCD-010 Sabu Toyozumi & John Russell:Empty Spontaneity/無為自然

1 Song for AUNTIE VAL and UNCLE DAVID  
2 Dear Hiraku Genji  
3 SOMONKA/相聞歌  
4 SAKIMORIKA/防人歌  
5 AZUMALITA/東歌  
6 GANSHU no TOMO/厳岫の友  
7 I Miss You  
8 KANJITSUGETSU/閑日月  
Recorded live at Common Cafe, Osaka on 28 May 2013 and at Jazz Spot Candy, Inage Chiba on 3 June 2013.
YouTube はこちら

追悼 ジョン・ラッセル

 

イギリスの即興シーンで、デレク・ベイリー以降最も重要だったギターリストのジョン・ラッセルさんが1月19日に亡くなられた。随分前から体調が悪いのは聞いていて、最近ではこの日が来る覚悟は出来ていたのだが、実際の訃報に接して体から力が消え失せてしまった。

ジョンさんは、1954年ロンドン生まれ。私と5歳違い。ちょっと旅立つのが早すぎやしませんか?

 

ジョン・ラッセルさんは、17歳でロンドンの即興シーンに登場し、リトルシアタークラブ(ジョン・スティーヴンスが運営に携わっていた。)で演奏を始め、デレク・ベイリーに1年間師事しギターを学んだ。ジョンさんのギターの演奏スタイルは師匠のベイリーに負うところが多いのは確かだ。だが、ジョンさんは、師匠とは当然違う資質を持っている。ベイリーは、恒常的なグループを持とうとはしなかった。特定のミュージシャンと継続的に長く共演を重ねる事も無かった。さしずめ、子連れ狼か座頭市かの道の歩み方か。だが、ジョンさんはエヴァン・パーカー、ジョン・ブッチャーらと長年共演を重ねている。さらに重要なのは、1991年から続くMopomosoMOdernisn– POst MOdernism – SO what?の略)や、1980年代初頭から始めたFêteQuaqua(この原型は1973年頃から始まる。)といったソロからラージ・アンサンブルの即興演奏のコンサートを途切れることなく彼が中心となって継続し続けた組織者の面だ。ベイリーのカンパニーにも通じるところがあるが、カンパニーでは同じミュージシャンを基本的には2度呼ばない。一回限りの真剣勝負。そこで発生するスリルにわくわくするのだ。一方のMopomoso/ FêteQuaquaでもカンパニーのような一回生の真剣勝負も聴けるが、恒常的なアンサンブルも出演する。一回限りに重きを置くか否かでは、即興演奏への考え方やアプローチは大きく違って来る。

パーカー、ラザフォード、ベレスフォード、コックスヒルといった著名なミュージシャンに混ざって、名前を聞いただけではどんな演奏をするのかも我々日本人には皆目分からないようなミュージシャンまでが、大勢ここで演奏している。それを動画に撮りYouTubeの番組でいつでも見れるようにするといった現代のメディアも積極的に活用している姿勢も先見の明があった。これらから即興音楽を広く世間に発信し、演奏家と聴衆を増やす姿勢には頭が下がる。

 

ジョンさん自身の音楽、演奏は師匠ベイリーのような相手を切り捨てるような鋭さ(90年代以降はベイリーもそのような殺気は鞘に納めるようになったが)は無い。他者やアンサンブル全体の邪魔をしない程度の主張はする。調和を大事にする演奏と言える。フリー・ジャズの戦いの音楽とも、70年前後からしばらく続く、喧騒を良しとするフリー・ミュージックとも違う地平を早くから眺めていたのがジョンさんだった。

ジョン・ラッセルさんのギターの特徴の一つに、ハーモニクス・倍音の豊かさがある。これは師匠のベイリーにも同様の事が言えるのだが、前衛<ノイズと言う図式から思い浮かべるような、さぞかしノイジーで刺激的な音を放出しているものと思われるかもしれないが、ジョンさんのギターの音は鋭さも勿論なのだが、倍音が豊かな美しい音を大事にしているのだ。ベイリー以上にジョンさんのギターからは豊かな倍音が常に立ち上がっている。ベイリーのソロを聴いていると、ちょうど60分になったところで目覚まし時計のタイマーが鳴りだし、やおら演奏をやめるといったものがあった。これは、彼の演奏はどこまでも道行の過程であると言う事だ。だが、ジョンさんのソロの演奏の最後は、終止形を思わせる形をもって演奏を終了させることが多い。それを持って彼の演奏スタイルは旧態に属すると見るや否や。即興演奏でも終わらせ方は重要だと私は考えている方だ。一方で、サウンドインスタレーションのような常に持続し続ける音の形態にも惹かれるし、偶然性や不確定性の音楽にも惹かれる。そう、ジョンさんの音楽は偶然の作用で音楽を作っているのではない。

 

そんなジョンさんのアルバムの中でも、ソロ・アルバム「hyste(psi 10.06/2009年録音)をお勧めしたい。St Peter’sと言う教会のナチュラルな響きも美しいギターのソロが聴ける名作。多くのギター・アルバムの中でも屈指のアルバムだと思う。

 

先年、ちゃぷちゃぷレコードでは、豊住芳三郎さんとジョン・ラッセルさんの千葉と大阪でのライヴ録音からセレクトしてCD「無為自然/Empty Spontaneity(CPCD-010)を制作・リリースする事が出来た。ジョンさんのアルバムをプロデュース、リリース出来て大変光栄に思っている。

 

Mopomosoも含め、膨大な即興演奏の録音が残っているはずだが、ジョンさんの演奏も含めて1枚でも多くのCD,LPの形にして残して欲しいところだ。YouTubeだけでは満足しない私のような古い人間もまだまだ多い(ハズ)。2つのスピーカーを前にしてジョンさんの音楽と対峙する聴き方を古いとは言わせないぞ。は、ジジイの世迷言か?

 

ジョンさん、現世では実際にお会いする事ができませんでしたが、あの世ではemailなんぞではなくて実際に会ってお話ししましょうね。

合掌。

(末冨)2021/01/22

 

 

 

 

 

 

 

#1489 『豊住芳三郎&ジョン・ラッセル/無為自然』

ちゃぷちゃぷレコード CPCD-010

SABU豊住芳三郎(ds,per,erhu/二胡、胡弓)
ジョン・ラッセル(g)

1.Song for AUNTIE VAL and UNCLE DAVID
2.Dear Hikaru Genji
3.SOMONKA 相聞歌
4.SAKIMORIKA 防人歌
5.AZUMAUTA 東歌
6.GENSHU no TOMO厳岫の友
7.I Miss You
8.KANJITUGETSU 閑日月
All composed by Sabu Toyozumi / John Russel

プロデューサー:末冨健夫 (Chap Chap Records)
録音:2013年5月28日 大阪Common Caféにてライヴ録音
2013年6月3日 稲毛Jazz Spot Candyにてライヴ録音
エンジアニア:Kunimitsu Tsuburai

 

“SABU”豊住(ds,per,er-hu/二胡、胡弓 1943 ~)にとってジョン・ラッセル(g、1954~)は無二の親友であり、音楽的にもいわゆるツウカアの間柄でお互いの気持ちが分かりあえる関係である。
“SABU”豊住はヨーロッパに行くとしばしばジョンを訪ね友好を深め共演を重ねている。また、日本にもこれまでに6回招聘していて、本アルバムは2013年に招聘した際の「大阪Common Café」と「稲毛Jazz Spot Candy」でのライヴを収録したもの。

即興演奏家として50年、富樫雅彦(ds)や高木元輝 (reeds)に始まり、シカゴのAACM、ニューヨークのジョン・ゾーン(sax)、ヨーロッパのペーター・ブロッツマン (reeds)やミシャ・メンゲルベルク (p)等々、世界中のインプロヴァイザー達と共演し交流を深めてきた“SABU”の心境がこのジョン・ラッセルとのデュオの中に浮き彫りにされていてなかなか興味深い。
当然のことながら全編フリーであり、あらかじめ決められたテーマ、モチーフなどはなく完全な即興である。
“SABU”の音楽はいつ聴いても無邪気になれるがここでもその本領が発揮されている。
音になれ合いがないから聴く方も無心になれ、どんな気分の時でも心を空にしてくれる。
“SABU”はここでドラムのほか二胡や胡弓を弾いている。
バスドラを踏みスティックを捌きながら弓を弾き一人二重奏を行う。
“SABU”天性の素早い動き、身のこなしの敏捷さはここでもいかんなく発揮されていて相方のジョン・ラッセルに効果的な刺激を与えているようである。

ジョン・ラッセルはデレク・ベイリー(g)やソニー・シャーロック(g)に触発されてフリー・インプロヴァイザーの道を歩んだギタリストと云われているが音色がとても綺麗である。
アンプを通しての音ではあるが濁りがなく明るく澄み切っていて“SABU”の音の中からくっきりと浮かび上がり“SABU”とのコントラストを際立たせ、同時に調和もとっている。

“SABU”はジョンによってすべてを開放され意のままに思う存分叩き、弓を弾く。
空間にはじけるシンバルが生々しく響く中を二人の瞑想と対話が間断なく続く。
根底にある二人の心根の優しさが時を超えてありのままのエモーションを語りかけてくる。
一切決め事のない完全な即興であり、事前に曲名や曲想があってのものではないが4年の月日がたって“SABU”が付けたタイトルや曲名に“SABU”の最近の胸の内が現れているのでそれはそれで思いを巡らせながら聴くと面白い。

このアルバムのタイトル「無為自然」は老子が使った言葉として知られているがこのタイトルが現在の“SABU”の生き方そのものを表しているようで、近年はあるがままに生活し、あるがままの音楽を奏でる域に到達したようである。
ジャケットの絵も“SABU”自筆のもので、白いカンバスの上にいくつかの円が点在しているシンプルなものであるが”SABU”の今の心境があらわれているようでなかなか味がある。
ミュージシャンにはマイルス・デイヴィス(tp)やロスコー・ミッチェル(reeds)、富樫雅彦(ds,per)等々、絵画の分野でも特異な才能を発揮した人が多いが“SABU”もそうしたアーテイストの一人であり、『kosai yujyo』(Improvising Beings ib14/ INaudible CD 008/009、2010~2011)や『逍遥游』(ちゃぷちゃぷレコード 1994)でもジャケットに”SABU”の絵が使われている。

(1)<Song for AUNTIE VAL and UNCLE DAVID>はジョン・ラッセルのおじさんとおばさんへ捧げたもの。
そして“SABU”は日ごろから古文に親しんでいるというが、(2)<Dear Hikaru Genji>は源氏物語、(3)<SOMONKA 相聞歌>(4)<SAKIMORIKA 防人歌>(5)<AZUMAUTA 東歌>は万葉集から名付けたものである。
またアルバムの締めくくりは(8)<KANJITUGETSU 閑日月>。

コスモポリタンとして50年、半世紀にわたって世界中のどこへでも意の向くままに旅し多くの人々、風景に溶け込みながら飄々と自らの世界を貫いてきた“SABU”はついにこの境地に達したのであろうか。

“SABU”はこの6月デンマークのワークショップに参加する。そこでジョン・ラッセルと再会する予定だというし、ジョンはこの10月には来日するという話もある。
二人のコンビネーションは現在も進行中である。

本アルバム『豊住芳三郎&ジョン・ラッセル/無為自然』(ちゃぷちゃぷレコード)は『Free Music 1960~80:開かれた音楽のアンソロジー』とその『Disk Guide編』の2冊を企画制作するなどフリー・ミュージックに力を注いでいる「ちゃぷちゃぷレコード」によって世に出された貴重なライヴ音源であり、近々“SABU”豊住芳三郎の本も出版するという。
今後のちゃぷちゃぷレコードの創作活動に注目してゆきたい。

出典:Jazz Tokyo