CPCD-024 River People:Sol Expression

Christian Bucher (ds)

Johnny Alegre (el-g)

Tetsuro Hori /堀哲郎(b)

Rick Countryman (as)

 

1.       Sol Expression  (5:58)

2.       No One River  (14:06)

3.       Dragonflies of Red and Gold (8:44)

4.       Melting Point (12:39)

5.       River Rain (3:12)

6.       Cry of Old Bamboo (4:20)

7.       Reflections of The Night Sun (7:04)

 

Produced by Christian Bucher&Rick Countryman

Recorded July 19,2022 at Crow’s Nest Studio

Metro Manila,Philippines.

Mixed/Masterd by Alvin Cornista

 

Sasa Cabalquintcover photo by Jun Crame

リヴァー・ピープルは、スイス人ドラマーのクリスチャン・ブッチャー、フィリピン人ギタリストのジョニー・アレグレ、日本人ベーシストの堀哲郎、アメリカ人サックス奏者のリック・カントリーマンの国籍の異なる4人で結成した即興演奏のグループ。

クリスチャン・ブッチャーとリック・カントリーマンは、これまでも数多く共演を重ねて来て、ちゃぷちゃぷレコード、improvising beingsFMR等から共演盤をリリースして来た名コンビだ。この二人に、大阪を拠点に活動するコントラバス奏者、即興演奏家、作曲家で、コントラバスにデジタル/アナログエフェクトを重ね、アンビエント/エレクトロニック/ポスト・クラシカルを内包した、実験的かつ叙情的なサウンドスケープを創作する堀哲郎。そして、フィリピンのみならず世界的に活躍し、オーソドックスなジャズからフュージョン、ワールド・ミュージクまで幅広い音楽を創造しているベテラン・ギタリストのジョニー・アレグレが加わって結成された即興演奏のグループがリヴァー・ピープルだ。

 

堀とアレグレが参加することで、パワフルでストレートなフリー・ジャズがより空間の広がりも感じさせるユニークな音楽を創造することになっている。

 2022年10月5日全国発売!

ちゃぷちゃぷレコードでの直接の販売を開始いたしました!

 ¥2,500(税込み) 通販では梱包送料¥200が加算されます。

 

River People

Multinational Free Improvisational Quartet

Christian Bucher, drums; Johnny Alegre, guitar; Tetsuro Hori, bass; Rick Countryman, alto sax.Swiss Avant-Garde drummer, Christian Bucher, and American-Expat alto saxophonist from the Philippines, Rick Countryman have performed and recorded together for a decade. Their duorelease “Estuary” received the Gold Dolphy 2018 award and described by Squidco.com as “agreat example of the far reach of free jazz.” Filipino multi-disciplinary guitarist, Johnny Alegreand Japanese ambiance bassist, Testru Hori, joined this project. Rick and Christian have performed in several of Johnny’s groups in Manila.

Rick currently has over 20 album releases, on 5 labels across Europe, Asia, and the United

States, including multiple albums with legendary Japanese improvisational drummer, Sabu

Toyozumi. He studied jazz improvisation, intervallic cycles and concepts, and extended

techniques with Bert Wilson; and is heavily influenced by Eric Dolphy, Sonny Simmons and the60s Free Jazz movement.

Christian studied at the University of Bern, the Academy of Contemporary Music in Zurich, and with Pierre Favre, Willy Kotoun, Marcel Bernasconi and Andreas Hermann at the Lucerne MusicCollege. He has extensive CDs, radio and TV recordings, and performed festival and concerttours in Australia, Bulgaria, China, Germany, France, Greece, India, Indonesia, Slovenia, Spain,South Africa, the USA and Turkey.

Johnny is profiled in the books The Great Jazz Guitarists by Scott Yanow and the Cultural Centerof the Philippines Encyclopedia of Philippine Art. In 2002, he formed Affinity and the firstrecorded work, "Stones of Intramuros", was included in Adobo Jazz: A Portrait of the Filipino as a Jazz Artist. In 2008, he recorded Humanfolk, with NYC percussionist Susie Ibarra. In 2009,MCA released Johnny Alegre 3, a trio album with legends Ron McClure (bass) and Billy Hart(drums). He was MCA's first jazz act from the Philippines.

 

Tetsuro, aka Flagio, is an Osaka based dub-classical contrabass artist and composer. Using the contrabass and digital and analog effects, he creates soundscapes that straddle the genres of ambient, electronic, and post-classical music. At the age of 14, he began to play the contrabass and eventually performed with classical orchestras. He frequently performs in Japan with bothlocal and international artists, as well as in Asia and Europe. He met Rick Countryman while performing at the KLEX 2019 Festival.

 

リバーピープル

 

多国籍フリー・インプロヴィゼーション・カルテット

クリスチャン・ブッチャー(ドラム)、ジョニー・アレグレ(ギター)、堀哲郎(ベース)、リック・カントリーマン(アルトサックス)。

スイスの前衛ドラマー、クリスチャン・ブッチャーと、フィリピン在住のアメリカ人アルトサックス奏者リック・カントリーマンは、10年にわたり共に演奏し、録音してきた。彼らのデュオ・アルバムとしてリリースされた「Estuary」はGold Dolphy 2018賞を受賞し、Squidco.comでは“フリージャズの遠大な到達点を示す好例"として「a」と評されています。

 フィリピンのマルチディシプリナリーギタリスト、ジョニー・アレグレと日本のアンビエンス・ベーシスト、堀哲郎がこのプロジェクトに参加。リックとクリスチャンはマニラでジョニーのいくつかのグループに参加したことがある。

リック・カントリーマンは現在、ヨーロッパ、アジア、アメリカの5つのレーベルから20枚以上のアルバムをリリースしている。その中には、伝説的な日本の即興ドラマー、豊住芳三郎との複数のアルバムも含まれている。

ジャズの即興演奏、インターヴァリック・サイクルやコンセプト、エクステンド・テクニックをバート・ウィルソンに師事し、エリック・ドルフィー、ソニー・シモンズ、60年代のフリージャズ運動の影響を強く受けている。

クリスチャン・ブッチャーは、ベルン大学、チューリッヒ現代音楽アカデミーで学ぶ。

ルツェルン音楽大学でピエール・ファーヴル、ウィリー・コトゥーン、マルセル・ベルナスコーニ、アンドレアス・ヘルマンの各氏に師事。

オーストラリア、ブルガリア、中国、ドイツ、フランス、ギリシャ、インド、インドネシア、スロベニア、スペイン、南アフリカ、アメリカ、トルコでフェスティバルやコンサートツアーを行う。

ジョニー・アレグレは、スコット・ヤノウ著「The Great Jazz Guitarists」と「The Cultural Centerof the Philippines Encyclopedia of Philippine Art. In 2002」に紹介されています。

2002年、彼はアフィニティーを結成し、最初のレコーディング作品「ストーンズ・オブ・イントラムロス」は、「アドボ・ジャズ:ジャズ・アーティストとしてのフィリピン人の肖像.2008年」に収録された。

ニューヨークのパーカッショニスト、スーシー・イバラと『Humanfolk』をレコーディング。2009年にはMCAから、伝説のミュージシャン、ロン・マクルーア(ベース)、ビリー・ハート(ドラムス)とのトリオアルバム「Johnny Alegre 3」をリリース。MCA初のフィリピン出身ジャズ・アーティストである。

フラジオこと堀哲郎は、大阪を拠点に活動するダブ・クラシカル・コントラバス奏者であり作曲家である。コントラバスを使いアンビエント、エレクトロニック、ポストクラシカルなどのジャンルにまたがるサウンドスケープを創造する。

14歳の時にコントラバスを始め、やがてクラシック・オーケストラと共演。国内外のアーティストとの共演や、アジア、ヨーロッパでの演奏活動も頻繁に行っている。リック・カントリーマンとの出会いは、KLEX 2019フェスティバルに出演した際、リック・カントリーマンと出会う。

 

 

 

Christian Bucherのweb siteは、こちら

 

 

Rick Countryman (January 31, 1957) is an American jazz saxophonist and flautist.

After years receiving little attention as a baritone saxophone player, including an extended sabbatical, Rick Countryman made a late-life change to alto sax. His first recorded session with Christian Bucher, an avant-garde drummer from Switzerland, attracted the attention of French label "Improvising Beings" and was released as Acceptance – Resistance. The recordings received positive reviews, both in the United States and Europe. He has been leading ensembles on baritone saxophone, alto saxophone, alto flute and bass flute; performing original compositions, as well as free jazz/improvisation, in his own jazz quartets and trios.

He was a student of Bert Wilson, and considers Michael Bisio and Rick Mandyck early mentors.

Based in the Philippines, Countryman features in Manila's jazz festivals and local performance venues. In February 2019, he conducted workshops and performed with Dr. Royal Hartigan at MAKILINC6 Arts Festival[11] and in October 2019 at the Yilan International Art Festival in Taiwan. Countryman has over a dozen releases on five labels across Europe, Asia, and the United States, including multiple CDs with Japanese improvisational drummer, Sabu Toyozumi, who had made several trips to Manila to perform and record with him.

Rick Countryman's prodigious output in the field of Free Improvisation has been released across "avant music" record labels globally, which include Improvising Beings (France), Chap Chap Records (Japan), FMR Records (UK) and Sol Disk Records (USA).

 

リック・カントリーマン(Rick Countryman、1957年1月31日 -)は、アメリカのジャズサックス奏者、フルート奏者である。

 

経歴

バリトン・サックス奏者として注目されることなく、長期休暇を経て、晩年アルト・サックスに転向する。スイスの前衛ドラマー、クリスチャン・ブッチャーとの初レコーディングは、フランスのレーベル「Improvising Beings」の目に留まり、『Acceptance - Resistance』としてリリースされることになった。バリトンサックス、アルトサックス、アルトフルート、バスフルートのアンサンブルを率い、自身のジャズカルテットやトリオでオリジナル曲やフリージャズ/インプロビゼーションを演奏している。

 

バート・ウィルソンに師事し、マイケル・ビシオとリック・マンディックを初期の師と仰いでいる。

 

フィリピンを拠点とするカントリーマンは、マニラのジャズ・フェスティバルや地元の演奏会場で特集を組んでいる。2019年2月にはMAKILINC6芸術祭[11]で、2019年10月には台湾の宜蘭国際芸術祭で、ロイヤル・ハーティガン博士とワークショップを行い、演奏を披露している。カントリーマンはヨーロッパ、アジア、アメリカの5つのレーベルから十数枚のリリースがあり、その中にはマニラに何度も足を運んで演奏と録音を行った日本の即興ドラマー、サブ・トヨズミとの複数のCDも含まれている。

 

リック・カントリーマンのフリー・インプロヴィゼーションの分野における膨大な作品は、Improvising Beings(フランス)、Chap Chap Records(日本)、FMR Records(イギリス)、Sol Disk Records(アメリカ)など、世界中の「アバン音楽」のレコード会社でリリースされています。

 

Jonny Alegre bio

 

Guitarist-composer Johnny Alegre is a jazz journeyman and innovative recording artist from the Philippines. His albums are available on Candid Records and MCA Music. His pioneering musical projects defy barriers of genre, demographics and cultural stereotypes.

 

Alegre’s involvement in the Manila scene encompasses scores of bands and recordings, spanning more than three decades of history and discography. From his seminal “pinoy rock” origins, his early production sorties in classic OPM (Original Philippine Music), and his epiphany into jazz are legendary. In various capacities as a composer-arranger, record producer and performing musician, Alegre's protean roles have been none short of groundbreaking.

 

Johnny Alegre delivers an emergent Southeast Asian and particularly Philippine milieu to the attention of musical audiences local and foreign. In 2002, he formed what effectively became Manila’s premier jazz initiative, the "Johnny Alegre AFFINITY" that initiated a series of musical chairs that continue until the present in formats of quintets, quartets and trios. Their first recorded work, “Stones Of Intramuros”, written by Alegre, was included in a limited edition Philippine jazz anthology CD, Adobo Jazz Vol.1, that caught the attention of the London-based jazz specialty label, Candid Records.

 

The subsequent eponymous first album, “Johnny Alegre AFFINITY” was released in the Philippines in mid-2005, described by the local press as “a blend of musical, technical and communal creativity between the composer and his allies”. The opus was subsequently re-released in the U.K. as “Jazzhound”, with notices in British jazz publications, and capped by sold-out engagements in London’s PizzaExpress Jazz Club. In 2007, Alegre unfolded “Eastern Skies”, an orchestral album. It was his response to the clamor for even more innovative music from “Manila’s jazz superband”. That year, Alegre’s introduction to an American audience in Hollywood’s Catalina Bar earned him a favorable mention in the Los Angeles Times.

 

In pursuit of these encouragements, “Johnny Alegre 3” was released in 2009; his third outing: a trio recording of the guitarist-composer joined by Billy Hart (drums) and Ron McClure (bass). “3” (also called "the New York album") was the follow through to what became a breakthrough effort for the Philippine jazz artist to work with iconic American jazz musicians. It also marked Alegre’s migration to a new record label, MCA MUSIC (Philippines) of the Universal Music Group.

 

On the collaborative front, Johnny Alegre delivered his composition, a world-music suite entitled “Humanfolk”, with ensuing recordings and the subsequent concept band that he undertook with percussionists Susie Ibarra and Roberto Juan Rodriguez; along with Philippine-based musical artists, Cynthia Alexander, Malek Lopez and Abby Clutario. The world music opus, HUMANFOLK, was released by MCA Music in mid-2011, which was awarded "Best World Music Recording" in 2012 by the Philippine Association of the Recording Industry.

 

Juan Bautista H. Alegre (III) attended the University of the Philippines College of Music in the latter 1970s, and was a founding member of the U.P. Jazz Ensemble. Under the tutelage of jazz educator Dr. Joseph Howard and pianist Fred Robles, he was involved in creative workshops by visiting professors such as musicologist-composer Dr. Erhard Karkoschka from the Stuttgart Musikschule, British guitarist Ike Isaacs and composer-scholar Chou Wen-chung from Columbia University. He was awarded in 1982 by the Philippine Ministry of Tourism as Foremost Exponent of Jazz. In 2013, the Philippine International Jazz and Arts Foundation presented Johnny Alegre with the Icon Award. This is an exciting time for those to hear the musical stories of Johnny Alegre, who had emerged as a compleat musician and exponent of a distinctive and very personal musical statement -- one that is comprehensively Philippine, Asian and Global.

 

ギタリスト、作曲家であるJohnny Alegreは、フィリピン出身のジャズジャーニーであり、革新的なレコーディングアーティストである。彼のアルバムはCandid RecordsMCA Musicから発売されています。彼の先駆的な音楽プロジェクトは、ジャンル、人口統計、文化的な固定観念の壁を越えています。

 

アレグレのマニラ・シーンへの関わりは、30年以上の歴史とディスコグラフィーにまたがる数多くのバンドとレコーディングに及んでいる。彼の原点である「ピノイ・ロック」、クラシックなOPM(オリジナル・フィリピン・ミュージック)の初期の制作活動、そしてジャズへの啓示は伝説的なものである。作曲家、編曲家、レコードプロデューサー、パフォーミングミュージシャンとして、アレグレの変幻自在の活躍は、まさに画期的なものでした。

 

ジョニー・アレグレは、東南アジア、特にフィリピンの新しい音楽環境を、国内外の聴衆の注目の的となるよう伝えている。2002年、彼はマニラで最高のジャズ・イニシアチブとなる「ジョニー・アレグレ・アフィニティ」を結成し、クインテット、カルテット、トリオの形式で現在まで続く一連の音楽祭を開始した。アレグレが作曲した最初の作品「Stones Of Intramuros」は、フィリピンのジャズアンソロジーCDAdobo Jazz Vol.1」に限定収録され、ロンドンのジャズ専門レーベル、キャンディッド・レコーズの目に留まる。

 

続く同名のファーストアルバム「Johnny Alegre AFFINITY」は2005年半ばにフィリピンでリリースされ、現地のプレスは「作曲家と盟友との音楽的、技術的、共同的創造性の融合」と評している。その後、この作品は英国で「Jazzhound」として再リリースされ、英国のジャズ専門誌で紹介され、ロンドンのPizzaExpress Jazz Clubでの公演はソールドアウトになった。2007年、アレグレはオーケストラ・アルバム『イースタン・スカイズ』を発表した。これは「マニラのジャズスーパーバンド」の更なる革新的な音楽を求める声に応えるものであった。同年、ハリウッドのカタリナバーでアメリカの聴衆にアレグレを紹介したところ、ロサンゼルス・タイムズ紙で好意的に紹介された。

 

2009年にリリースされた『ジョニー・アレグレ3』は、そんなアレグレの3作目となる作品で、ビリー・ハート(ドラムス)、ロン・マクルア(ベース)を加えたトリオ編成の録音である。「ニューヨーク・アルバム」とも呼ばれるこのアルバムは、フィリピンのジャズ・アーティストがアメリカの代表的なジャズ・ミュージシャンと共演した画期的な作品である。また、この作品はアレグレがユニバーサルミュージックグループのMCAミュージック(フィリピン)という新しいレコードレーベルに移籍したことを示すものでもある。

 

コラボレーションの面では、ジョニー・アレグレは「ヒューマンフォーク」と題するワールドミュージック組曲を作曲し、その後のレコーディングや、パーカッショニストのスーシー・イバラ、ロベルト・フアン・ロドリゲス、フィリピンを拠点とする音楽家シンシア・アレキサンダー、マレク・ロペス、アビー・クルタリオとともに行ったコンセプトバンドで発表した。2011年半ばにMCAミュージックからリリースされたワールドミュージック作品「HUMANFOLK」は、2012年にフィリピンレコード産業協会より「ベスト・ワールドミュージック・レコーディング」を受賞している。

 

 

Juan Bautista H. Alegre (III) は、1970年代後半にフィリピン大学音楽院に入学し、U.P. Jazz Ensembleの創立メンバーとして活躍しました。ジャズ教育者のジョセフ・ハワード博士とピアニストのフレッド・ロブレスの指導のもと、シュトゥットガルト音楽大学の音楽学者・作曲家のエアハルト・カルコシュカ博士、イギリスのギタリスト、アイク・アイザック、コロンビア大学の作曲家で学者の周文忠などの客員教授による創作ワークショップに参加しました。1982年、フィリピン観光省よりForemost Exponent of Jazzとして表彰される。2013年には、フィリピン国際ジャズ&アーツ財団からジョニー・アレグレにアイコン賞が贈られた。フィリピン、アジア、そしてグローバルな音楽的ステートメントを表現する完璧なミュージシャンとして登場したジョニー・アレグレの音楽的ストーリーを聴くことができるエキサイティングな時間である。

 

 

Tetsuro Hori | ディスコグラフィー | Discogs

 Tetsuro Hori bio

 

Flagio is the Osaka based dub-classical contrabass artist and composer. Using the contrabass and digital and analog effects, he creates lyrical and hypnotic soundscapes that straddle the genres of ambient, electronic, and post-classical music.

 At the age of 14, he began to play the contrabass and eventually started performing with classical orchestras in Osaka. His interests later shifted, and he became a member of several bands playing post-rock, jazz, dub, and acoustic music.

He began his solo project Flagio in 2017.

 He frequently performs in Japan with both local and international musicians and dancers, and performs in some countries in Asia and Europe.

 

大阪を拠点に活動するコントラバス奏者、即興演奏家、作曲家。

コントラバスにデジタル/アナログエフェクトを重ね、アンビエント/エレクトロニック/ポスト・クラシカルを内包した、実験的かつ叙情的なサウンドスケープを創作する。

14歳でコントラバスを始め、クラシック・オーケストラでの活動と並行して、ポストロック/ジャズ/ダブ などのバンドのメンバーとして活動。2017年よりソロプロジェクトFlagioを開始する。

 2019年にマレーシアで開催された音楽フェスティバルKLEX2019に招聘されるほか、ドイツ、デンマーク、ベトナム、フィリピンの音楽イベントに参加し演奏を行うなど、海外でも演奏を行っている。

River People with Tusa Montes

 

River People with Yong Yandsen.

 

RIVER PEOPLE with CHRISTIAN BUCHER / RICK COUNTRYMAN / JOHNNY ALEGRE / TETSURO HORI - Sol Expression (Chap-Chap Records CPCD—24; Japan)
Featuring Rick Countryman on alto sax, Johnny Alegre on guitar, Tetsuro Hori on bass and Christian Bucher on drums. It’s been around three months since we got in a new disc from American-born, Philipines-based saxist has released a new disc. Mr. Countryman has been around a dozen discs from the last few years, recording in solo, duos, trios and quartets. Countryman has recorded with drummer Christian Bucher on several previous occasions. Although I am unfamiliar with guitarist Johnny Alegre or bassist Tetsuro Hori, it turns out that Mr. Alegre has worked with Susie Ibarra and Roberto Rodriguez. This disc was recorded at Crow’s Nest Studio in Manila, Philipines in July of this year (2022).
Things begin quietly with skeletal sax and mallet work on the drums, the rest of the quartet soon enter as the energy escalates higher. Instead of the usual intense energy blast of many free music sets/sessions, the laid back nature of this disc is often more cerebral, spacious and easier to swallow. After a few more restrained sections the quartet do take off soaring on “Melting Point 4”, building in intensity with some strong fragmented guitar and sax burning together, the rhythm team pushing them higher. This entire disc balances full frontal free/jazz with more restrained sections, giving us a chance to calm down and listen closely to the less rambunctious parts. There a few duo sections the emerge and stand out before going back to more quartet parts. It feels better to lay back sometimes instead of wailing too much. - Bruce Lee Gallanter, DMG

 

"Evoking images of Indigenous Filipinos through free improvisation, with titles referencing the rivers, rains and environment that define them, the multi-national River People quartet of Christian Bucher on drums, Johnny Alegre on guitar, Tetsuro Hori on bass and Rick Countryman on alto saxophone are captured in the studio in Manila for seven superb collective conversations." - Squidco Sales

 

Swiss drummer Christian Butcher, Filipino guitarist Johnny Allegre, Japanese bassist Tetsuro Hori, and American saxophonist based in The Philippines Rick Countryman come together as the River People quartet. Christian Butcher and Rick Countryman have worked extensively on other free jazz projects, heard on Chap-Chap Records, Improvising Beings, and FMR. Tetsuro Hori is a versatile bassist who performs in improvised & composed works and also develops electronic soundscapes. Guitarist Johnny Alegre, based in the Philippines but performing around the world, is known for his work from orthodox jazz to fusion and world music. Their work together focuses on their interest in free jazz, and this exceptional set of studio recordings brings forward their strong technical and creative skills.