No Business Records Chap Chap Series

2017年4月から、リトアニアのNo Business RecordsのChap Chap Seriesがスタートしました。全部で10枚です。2019年にかけてリリースされます。

現在、2nd seriesに向けて準備中です。

 

第1弾。

・Paul Rutherford&Sabu Toyozumi:The Conscience (NBCD 99)

・沖至、井野信義、崔善培:紙ふうせん (NBCD 100)

 

第2弾

・Ton Klami/トン・クラミ:Prophecy Of Nue/予言する鵺(NBCD-102)

   *CDのみの発売です。

 

第3弾

・Barre Philips&吉沢元治:OH MY,THOSE BOYS!(NBCD-103,NBLP-111)

・姜泰煥:Live at cafe Amores(NBCD-104,NBLP-113)

 *発売中!

 

第4弾

・Alexander von Schlippenbach&Aki Takase:Live at cafe Amores

(NBCD-106,NBLP-115)

・崔善培カルテット/Choi Sun Bae Quartet:Arirang Fantasy(NBCD-108,NBLP-117)

 *発売中!

 

第5弾

・Wadada Leo Smith&Sabu Toyozumi:Burning Meditation(NBCD-110)

 CD・LP発売中! 

 

 第6弾

・高田みどり/Midori Tadada&姜泰煥/Kang Tae Hwan:永遠の刹那/An Eternal Moment (NBCD-115/NBLP-125)

 

CD ¥2,000 /    LP¥3,000 で販売いたします。

 

 PayPalでお支払いの場合はCD¥2,200LP¥3,300となります。

 梱包送料は、CD¥200,LP¥800.枚数が増えても変わりません。

PayPal account

goronyan@kss.biglobe.ne.jp

 

CDの送料は、何枚でも¥200

LPの送料は、何枚でも¥800

CDとLPの同梱での送料は、何枚でも¥800

これ以上はいただきません。

 

注文は

goronyan@kss.biglobe.ne.jp

に住所氏名電話番号 数量をお知らせいただければ、郵便振替の用紙を同封して即送らせていただきます。銀行振り込みを希望される方には、口座番号をご連絡いたします。

 

佐藤允彦&豊住芳三郎:THE AIKI

近日中に到着予定。

 

1995年3月14日、カフェ・アモレスでの、高田みどり/Midori Takada(perc,marimba)&姜泰煥/Kang Tae Hwan(as)デュオ・アルバム。CDは、姜泰煥のソロを1曲収録。

 

Jazz Tokyoでの、及川公生氏による録音評です。横井一江さんのコラムでも紹介されています。

 

salt peanutsでのレヴューはこちら

 

*残念ながら、今回は日本国内でのLPのChap Chap Recordsからの販売は、限定20枚となります。ご希望の方はお早めに。

在庫僅少。お早めに。

 

 

Ken Waxman - The Whole Note

 

If Japanese free improvisers are little known outside of a small coterie, imagine the situation for a Korean saxophonist committed to experimental music. Yet An Eternal Moment (NoBusiness Records NBCD 115 nobusinessrecords.com) is a 76-minute live 1995 Yamaguchi concert by Japanese percussionist Midori Takada and alto saxophonist Kang Tae Hwan, visiting from Seoul. One track is an extended solo saxophone meditation and the last, Dan-Shi, posits what sonic challenge would result if sax/drum duos like it mixed narrow, high-pitched, sometimes barely audible reed explorations, with gamelan-like marimba pops and sizzling cymbal hisses, besides regular drum beats. However, the key paring is the nearly 42-minute Syun-Soku, During the exposition, Hwan’s strained reed vibrations work up to lacerating split tones and down to narrowed ghost notes, then up to bagpipe-like overblowing timbre-smears as Takada hits tuned aluminum bars and shakes reverberating cymbals. Rhythmic drum taps spark thin chirps from the saxophonist, who soon seems able to simultaneously output a slim, whistling tone and more rounded coloratura variations. Reaching the first climax at mid-point, the narrative slows down to the extent that Hwan’s dissonant slurps seem to be being pushed back into his horn’s body tube. Crashing ruffs from the percussionist become non-metered whacks in opposition, helping to transform reed multiphonics into low-pitched trills that neatly affiliate with unforced cymbal patterns, leading to a finale that links splash cymbal power with retrained reed snarls. Politically and sociologically Asia is no longer the Mysterious East for most Westerners. These CDs could provide a similar demystification of sound when it comes to improvised music.

 

1994年3月22日 山口市 C・S赤れんがでのWadada Leo Smithと豊住芳三郎とのデュオ・コンサートから収録されたライヴ録音です。

前年の防府市の公演についでのライヴでした。当時ECMからリリースされていたCD「KULTURE JAZZ」の中から「There Are Human Rights Blues」で、Leoさんの歌声が聴けます。

 

Music and Moreのレヴューです。

JazzTokyo 及川公生氏の録音評はこちらです。

Dustedのレヴューです。

Orynxのレヴューです。

Free Jazz Collectiveのレヴューです。

 Jazz a Parisのレヴューです。by Jean Michel Van Schouwburg.

 

1995年8月16日、防府市カフェ・アモレスでのライヴ録音。ピアノ連弾(ソロ2曲含む)によるオリジナル、フランク・ザッパ、ミンガス、モンク、ハリー・ワーレンのカヴァーが演奏されている。1曲目のアレックスさんのソロ「Jackhammer」で、一気にピークを迎え、その後は変幻自在の演奏が繰り広げられる。

London Jazz Newsのレヴューは、こちら

JazzTokyoのレヴューはこちら。そしてこちらも。

All About Jazzのレヴューはこちら

 

1995年7月12日、六本木ロマーニシェス・カフェでの、崔善培カルテットのライヴから収録。メンバーは、吉沢元治、広瀬淳二、金大煥と言う崔善培さんのたっての希望による最強の布陣。CDでは、金さんのソロも含まれている。

 

JazzTokyoのレヴューはこちら

All About Jazzのれユーはこちら

 

ベースの巨匠同士の正味3時間を越えるカフェ・アモレスのライヴからセカンドセットを収録。吉沢さんは、エレクトリック・バーティカル・5ストリングス・ベースを演奏されています。2本のベースの音と、エレクトロアコースティックの音が混ざり合った他では聴けない演奏です。

 

 レヴュー(All ABOUT JAZZ)はこちら

JAZZ TOKYOはこちら

 

姜泰煥のカフェ・アモレスでのソロは、メールス映画上映会での、サービスでのソロ演奏を除けば計3回行っている。これは、3回目のステージから全曲(LPはカット)収録されています。世界でも類例のない音の世界をご堪能下さい。

 

JAZZ TOKYOのレヴューはこちら

All About Jazzのレヴューはこちら

 

トン・クラミ 防府公演1995年が、ついに発売になりました。佐藤允彦さんが、ノンストップ90分の演奏から編集されました。CDのみでのリリースとなります。

 

JazzTokyoのレヴュー録音評

JazzTokyo レヴュー録音評

jazzandblues.blogspot.レヴュー

JazzTokyoレヴュー録音評

Jazz A Parisレヴュー