Rick Countryman

I moved to the Philippines in January 2011, at the prompting of my Filipina wife, to pursue music fulltime and raise our family. During my 40s, I had stopped performing to focus on a stable income and my health. I had several hernia operations and also broke my ribs. My early years, at 8, I studied drums for a year, but lacked focus, and later took up flute at 13. I began sax a few years later, studying with an ex-Berklee School of Music instructor, Steven Solomon. In my 20s, I studied with Bert Wilson, who spent years with Sonny Simmons and had jammed with Coltrane. I was focused on the baritone sax at the time and performed often in free jazz formats. While my play was adventurous, it wasn’t mature or remarkable. During my first week in the Philippines, I went to several jazz festivals, The Bacolod Jazz Festival and The Philippines International Jazz Festival, and heard many great local musicians. The music was structured jazz, with a mix of jazz fusion, as electric instruments are very popular here. In Bacolod, I heard the legendary Filipino, Tots Tolentino, who I had read about before I moved here. Tots played sax with Terumasa Hino from 1994 to 2006 or 2007, touring Japan and US. He performs now with The Asian Jazz All-Stars Power Quartet, with Eugene Pao, Jeremy Monteiro, and Chanutr Techatan-Nan, though I haven’t heard them here. I heard and met Alvin Cornista, a powerful traditional jazz tenor saxophonist, and Simon Tan, the incredible and versatile acoustic bassist, who also performs in an active jazz big band of top Filipino professionals. I discovered several clubs that had jazz, though at the time mainly Skarlet’s Jazz Kitchen was the spot for nightly jazz. At Skarlet’s, I would begin to perform and meet other players, like visiting US-based guitarist Raymund Dela Pena. Raymund would formally introduce me to Simon, drummer Rey Vinoya, and others. We would perform together in various formats. Rey Vinoya is currently part of Simon’s own trio, performing jazz originals and producing CDs. I performed in several of the same festivals during the first couple years, doing original compositions of structured jazz. Later years, as I focused on free improvisation, I performed less in festivals and more as special events. An exception is The West Philippines Sea Jazz and Blues festival in Bolinao. The owner, Michael Parayno, owned a renown jazz club in the Bay Area in the US for years. Metro Manila, like most cities now, has few clubs for jazz, though there are always several performance spaces for arts. Before (and after) the pandemic, TAGO Jazz Café established itself as the place to hear nightly local jazz. However, most visiting foreign jazz players will also be found there for at least one or two gigs. Sabu Toyozumi and I have performed there during each of his visits, as well as at an event house, Balete at Kamias. In August 2011, I first met and jammed with percussionist Dr. Royal Hartigan, Senior Fulbright Scholar, student of Max Roach and Ed Blackwell, and a professor and published author. Simon Tan brought Royal and his band members to our gig at Skarlet’s Jazz Kitchen. Royal frequently returns to the Philippines, sometimes with his band Blood Drum Spirit, and sometime alone. During 2019, he and I performed and ran workshops as part of MAKILINC 6 at the Philippines High School for the Arts, and later we traveled to Taiwan as “akoma” for the Yilan International Arts Festival. Most of the music with Royal is odd-metered, polyrhythmic, structured jazz that focuses on personal expressiveness and tonal layers. Another foreign artist who frequently visits the Philippines is free drummer Christian Bucher. Christian and I met at TAGO Jazz Café in 2013, when the club owner, Nelson Gonzales, asked me if I would perform with Christian. Simon Tan would also get involved, and we began a collaboration that continues today, and resulted in many recordings, including our first release in 2016 on the French label Improvising Beings titled Acceptance ~ Resistance. It was the owner of that label, Julien Palomo, who introduced me to Sabu Toyozumi. The first meeting with Christian also marked a permanent switch to alto sax, from baritone, and a renewed focus on free improvisation. Citizen Jazz has a two-part interview with me, in French by Guy Sitruk, about my relationship and experiences with these drummers. The Philippines is not a major hub for free jazz and free improvisation. However, whenever Sabu comes we can always find 4 or 5 venues to accommodate us. There also several performance arts groups having festivals and performances, embracing personal expression and the experimental. I’ve been involved with performers from WSK Festival of The Recently Possible, and indirectly with Green Papaya, a group whose members brought Sabu to Philippines years ago and also are related to a venue, Catch 272, we have performed and recorded at. The economic situation here is challenging for most talented artists and musicians, and though there are many, many capable in the Philippines, they are often caught up in busy commercial schedules. Some even spend years on cruise ships entertaining and not pursuing their art. I enjoy my residency here, and feel fortunate to be surrounded by so much talent, even if the genres aren’t free music, in an environment where I can pursue musical studies and growth and have a healthy family existence. Manila is also a great location in South East Asia for short trips for performing, with Taiwan and Kuala Lumpur being countries I often travel to when visitors are here. Japan was also booked this year with Christian, but postponed due to the pandemic.

 

 

Rick Countryman

 

 

 

20111月、フィリピン人の妻に促されて、フルタイムで音楽を追求し、家族を育てるためにフィリピンに移住しました。40代の頃、安定した収入と自分の健康を第一に考えて演奏活動を休止していました。ヘルニアの手術を何度か受け、肋骨も骨折しました。初期の頃は、8歳でドラムを1年間習っていましたが、集中力に欠け、13歳でフルートを始めました。数年後にサックスを始め、元バークリー音楽学校の講師であったスティーブン・ソロモンに師事しました。20代になると、Sonny Simmonsと何年も一緒に過ごし、ColtraneとジャムをしたこともあるBert Wilsonに師事しました。当時の私はバリトンサックスに力を入れていて、フリージャズのフォーマットでよく演奏していました。私の演奏は冒険的ではありましたが、成熟していたわけでもなく、目立ったものでもありませんでした。フィリピンでの最初の一週間は、いくつかのジャズフェスティバル、The Bacolod Jazz FestivalThe Philippines International Jazz Festivalに行き、多くの素晴らしい地元のミュージシャンの演奏を聴きました。音楽は構造化されたジャズで、ここでは電気楽器が非常にポピュラーなので、ジャズ・フュージョンがミックスされていました。バコロドでは、私が移住する前に読んだことのある伝説のフィリピン人、トッツ・トレンティーノを聴きました。トッツは1994年から2006年、2007年まで日野皓正と一緒にサックスを演奏し、日本とアメリカをツアーしていました。彼は現在、ユージーン・パオ、ジェレミー・モンテイロ、チャヌート・テカタンナンとのアジアン・ジャズ・オールスターズ・パワー・カルテットで活動していますが、私はここでは聴いたことがありません。パワフルなトラディショナルジャズのテナーサックス奏者であるアルビン・コルニスタと、信じられないほど多才なアコースティックベーシストであるサイモン・タンとは、フィリピンのトッププロのジャズビッグバンドでも活躍しています。当時は主にスカーレット・ジャズ・キッチンが毎晩ジャズを演奏していましたが、私はいくつかのジャズを演奏しているクラブを発見しました。スカーレットでは、私は演奏を始め、アメリカを拠点に活動していたギタリストのレイムンド・デラ・ペナのような他のプレイヤーと出会うことができました。レイムンドは私にサイモンやドラマーのレイ・ヴィノヤなどを正式に紹介してくれました。いろいろな形で一緒に演奏することになりました。レイ・ヴィノヤは現在、サイモン自身のトリオの一員として、ジャズのオリジナル曲を演奏したり、CDを制作したりしています。最初の数年間は、同じフェスティバルのいくつかに出演し、構造化されたジャズのオリジナル曲を演奏していました。その後、フリー・インプロヴィゼーションに力を入れるようになってからは、フェスティバルでの演奏は少なくなり、特別なイベントでの演奏が多くなりました。例外としては、ボリナオで開催された西フィリピン・シー・ジャズ&ブルース・フェスティバルがあります。オーナーのマイケル・パライノは、アメリカのベイエリアにある有名なジャズクラブを何年も経営していました。メトロ・マニラは、現在ではほとんどの都市と同様に、ジャズのクラブはほとんどありませんが、アートのためのパフォーマンススペースは常にいくつかあります。パンデミックの前(と後)には、TAGO Jazz Caféが毎晩地元のジャズを聴ける場所としての地位を確立しました。しかし、ほとんどの外国人ジャズプレイヤーもここで少なくとも12回は演奏しています。サブ豊住と私は、その都度ここで演奏してきましたし、イベントハウス「バレテ・アット・カミアス」でも演奏してきました。20118月、フルブライト奨学生であり、マックス・ローチやエド・ブラックウェルの教え子であり、教授であり著書もあるパーカッショニストのロイヤル・ハーティガン博士と初めて出会い、ジャムをしました。サイモン・タンがロイヤルと彼のバンドメンバーをスカレットのジャズキッチンでのギグに連れてきてくれました。ロイヤルは頻繁にフィリピンに戻り、時には彼のバンドBlood Drum Spiritと一緒に、そして時には一人で。2019年の間、彼と私はフィリピン芸術高等学校でMAKILINC 6の一環としてワークショップの演奏と運営を行い、その後、宜蘭国際芸術祭のために「akoma」として台湾に旅行しました。ロイヤルとの音楽は、個人の表現力と音色の層を重視した変拍子、ポリリズム、構造化されたジャズがほとんどです。フィリピンを頻繁に訪れるもう一人の外国人アーティストは、フリードラマーのクリスチャン・ブッチャー。クリスチャンと私が出会ったのは2013年にTAGO Jazz Caféで、クラブオーナーのネルソン・ゴンザレス氏がクリスチャンと共演しないかと誘ってくれたのがきっかけでした。サイモン・タンも参加することになり、私たちは現在も続くコラボレーションを始め、その結果、2016年にフランスのレーベルImprovising Beingsから『Acceptance ~ Resistance』というタイトルで初リリースするなど、多くのレコーディングを行うことになりました。サブ豊住を紹介してくれたのは、そのレーベルのオーナーであるジュリアン・パロモだった。クリスチャンとの最初の出会いは、バリトンからアルトサックスに恒久的に転向し、自由な即興演奏に新たな焦点を当てるきっかけにもなりました。シチズン・ジャズでは、これらのドラマーとの関係や経験について、Guy Sitruk氏によるフランス語でのインタビューを2回に分けて掲載しています。フィリピンはフリージャズやフリーインプロビゼーションの主要なハブではありません。しかし、SABUが来るときはいつも45つの会場を用意してくれます。また、個人的な表現や実験的なものを受け入れるパフォーマンス・アート・グループがいくつかフェスティバルやパフォーマンスを行っています。私はWSK Festival of The Recently Possibleのパフォーマーと関わっていますし、数年前にSabuをフィリピンに連れてきたGreen Papayaというグループと間接的に関わっています。才能あるアーティストやミュージシャンにとって、この国の経済状況は厳しいものがあります。

 

リック・カントリーマン